あっあ・・・っあ・・・ぁっ

フィギュア作ったり、何か色々

2015-04

DMM ホワイトアクリル レビュー

DMMから出力品が届きました。
今回初めて頼んでみました、DMM。

と、言うのも
今回作るフィギュアの椅子型の台座
気付いてみたら結構な大きさとなってしまったので
高精細アクリル等の素材で出力をお願いすると
造型時間と使用素材量との兼ね合いで、
出力費がだいぶ高価なものとなってしまった。
(キャラクター本体の出力費より高くなった)

と、言うわけで、素材数が豊富で安価(らしい)DMMに出力を依頼。
選択した素材はホワイトアクリル。
加工し辛い素材という話は聞いていたんだけれども
そこそこ出力精度も高いらしいので、試しに頼んでみました。


で、届いたのがこれ
150407_2.jpg
クッション材に包まってダンボールにギッシリ。

組み立ててみる
150407_3.jpg
うん、大丈夫。接合面の凸凹合ってる。歪みは特に無し。
ぱっと見た限り、立体の再現度はそこそこ高いように感じます。

ホワイトアクリルは成形物全体を軟らかいプラスチックのような素材のサポート材に包まれて出力されるそうです。
サポート材はDMMのほうで無料で処理して送ってくれます。

今回出力したこの椅子ですが、使用する素材量を減らして料金を安くする目的で
ポリゴンの中抜きをしています。

その関係でDMMから下記のようなメールがきました。

「中空部分のサポート剤が取れないためサポート剤が取れ残ることが分かりました
 サポートが取れ残ったまま出荷させて頂いてよろしいでしょうか。
  キャンセルも承ってございます。」

と・・・
どうせ中空部分は埋めて複製する予定だったので、そのまま出荷してもらうことにしました。
ホワイトアクリルのサポート材は、金属のヘラで削ぎ落としているとの事で
ヘラが届かない入り組んだ部分は、サポート材を取る事が出来ないようです。

近くで見ると、サポート材の残りらしきものが毛羽立って表面に付着しています
150407_4.jpg
さわるとちょっとフワフワする。

この辺はヤスリを掛ける前に、デザインナイフ等で削ぎ落としておくと良さそうです。
ちょっと引っかくとボロボロ落ちてきます。
細かいモールド等もこのサポート材で埋まっています。

あ、その前に中性洗剤あたりで付け置き洗いをしたほうがよさそうです。
表面が結構油っぽいです。





スポンサーサイト

WF2015s 参加当選してました。

が・・・版権の許諾が下りるまでは安心できない。('`)

と言っても、許諾の合否が出るのを待ってると間に合わないので
とりあえず原型を出力に出しました。
今回は東京リスマチックさんとDMMさん
2箇所にそれぞれパーツを分けて出力をお願いしてみました。
詳しいことは別途記事で書きます。(たぶん・・・)


出力品が届くまで1週間~くらい掛かると思うので、部屋の掃除でもしながらアナログ環境を整えながら待っていようと思います。


そして、これからしばらくは表面処理の時間!
無心でヤスル('ω')


そうえば艦これ、次回のアップデートで叢雲が改二になるようで
いよいよ来たか・・・やったぜ!

初期は提督死ね勢、叢雲を初期艦に選ぶのはドMなどと言われていましたが
去年のクリスマス特殊ボイスからチョロイン化が深刻な叢雲さん
追加ボイス、時報追加があった場合どうなっているのでしょうね。

Mじゃないけど、個人的には厳しい感じのキャラを保っていて欲しい
いや、Mじゃないけど。
あと出来ればメガネをかけて欲しい。
これは趣味だけど。


「ま、当然の結果よね。なに、不満なの?。」
むらむら

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

イノリサマ

Author:イノリサマ
フィギュア制作初心者
CG制作のお仕事で日々をなんとか生きてます。
fgたまに更新します→fg

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (87)
その他 (8)
フィギュア (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR